フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« JR四国、高松・坂出両駅に「ICOCA」導入──2012年春、JR西日本の助力得て。入金はクレジットカード決済のみ | トップページ | 都営地下鉄6300形と、類似した加速音発する仲間たちのこと──都営三田線で運用される「もう一つの”悪魔”」? »

【第29回「1万人の第九」レッスン;2a】JRダイヤ乱れに遭遇したレッスンへの行き帰り。しかし復路はラッキー!?

 遅ればせながら〔毎度?〕、去る9月29日に行われた「大阪3」クラスに於ける「サントリー1万人の第九(10000人の第9)」公演本番に向けてのレッスンの模様をレポートしようと思います。

 

 なお、2回目を迎えたこの日のレッスンは、我が「大阪3」クラスに於ける集合写真撮影日にもあたっていました。

 

 

 今回も、前回と同様、アウトラインの部分とレッスン本体部分を分けてレポートしようと思います。

 

 前編となる今回はアウトライン、つまりレッスンへの行き帰りの部分について書いていきます。

 

 

 去る9月15日に行われたレッスン初回の行き帰りで、JRおおさか東線の列車本数と運転間隔の大凡のところを目の当たりに出来た私は、レッスン2回目からはレッスン開始時刻(18時半)に間に合うよう会場入りしたい、という思いから、レッスン2回目の前日(9月14日)ぐらいから、インターネットからおおさか東線のダイヤなどを取り寄せるなどして、検討を重ねていました。

 

 そして、レッスン開始時刻に間に合うための目安となる自宅出発時間を大方把握し、2回目当日を迎えました。

 

 その2回目当日、目安時間までに出られるよう支度を始めたつもりでしたが、実際にはその目安時間から1~2分程度遅れで自宅をあとにしました《それもちょっと慌て気味で…》。

 

 結果、予定していたおおさか東線の電車を僅かの差で乗り損ねてしまい、やむなく大和路線(関西本線)の電車を利用して天王寺経由で向かうこととなりました。

 

 

 ところが、天王寺で大阪環状線・内回り電車に乗り換える段になって、その大阪環状線・内回りホームに於いて「列車を停止させる信号(列車防護無線による発報?)を受信したことによる安全確認を行った影響で…」との運転見合わせ中であることを告げるアナウンスが鳴り響き、車内でも同様の放送が流れて運転見合わせ中とのこと。

 

 内回りホームの寺田町鶴橋)方先端部のところに設備されている運転士指示表示器〔というか”出発時機表示器”…首都圏内JR線で導入されている東京圏輸送管理システム(ATOS)に於けるそれに類似した装置〕のところにオレンジ色で「抑止」の点滅表示が為されているのが見え、まもなく聞こえてきた構内放送と併せて、いま運転見合わせ中であることを知った次第。

 

 このままでは、レッスン開始時刻に遅れてしまう・・・

 

 運が悪いというのはこのことをいうのだろうか───仕方なく足を運んだ内回り線電車の車内で、僅かの差でおおさか東線の電車に乗り遅れてしまったことを悔やみました。

 

 待つこと10分ほど───鶴橋方ホーム先端付近に設備されている出発時期表示器で点滅表示されていた”抑止”表示が消え、ほどなく構内放送で「まもなく発車…」とのアナウンス。

 

 それにしても、目の前を通り過ぎる環状線・外回り電車(反対方向を走る環状線電車)を恨めしい気分で眺めるなど、何だか”10分ほど”という時間がとても長く感じられたものでした。

 

 天王寺を発車を発車後、車内放送が「12分遅れ」と告げているのが聞こえました。

 

 寺田町、桃谷、鶴橋・・・と一駅一駅停まる度に、運転見合わせのためホームで待ち惚けいたであろう数多くの乗客を詰め込み、一路京橋そして大阪へ。

 

 ただ天王寺を発車してからは、それほど遅れは拡大しなかったような気が・・・

 

 大阪城ホール等の最寄り駅である大阪城公園に停車する前後で京橋に於ける乗り継ぎ準備(きっぷの用意)に入った私でしたが、いざ乗換駅である京橋に着いてみると、同じく京阪に乗り継ぐであろう客ですぐ階段が塞がる有様。

 

 仕方なくその京阪に向かうであろう人の流れに乗りながら、ようやくJR改札を抜けて京阪駅舎へ。

 

 急ぎ足で京阪の淀屋橋中之島方面ホームへと向かうと、まもなく入ってきた電車に乗り込み、一路レッスン会場最寄り駅である天満橋へと向かいました。

 

 到着した天満橋駅では、地下鉄駅にもつながっている東口ではなく、レッスン会場である「エル・シアター」の入る大阪府立労働センター(エル・おおさか)により近いとみられる西口に向けて初めて足を運びました。

 

 しかし、その天満橋駅西口から外に出てみると、川沿いの道(というか駅待ちのタクシーのための構内道路?)が目に飛び込んできて一瞬戸惑った私───それでも早足で道なりに前へと進んだ結果、1~2分ほどで「エル・おおさか」などの前を通る車道に何とか到達出来ました。

 

 レッスン時刻に間に合うか否かの瀬戸際だっただけに時計を見る心理的余裕はなく、ただひたすらレッスン会場へと歩みを進めた私・・・

 

 それでも「エル・おおさか」正面玄関をくぐりレッスン会場である「エル・シアター」に通ずる階段が見えた頃には、同じ「大阪3」クラスの受講生とおぼしき人の姿が目に飛び込み、ひとまずは心の中で安堵。

 

 そして会場受付で出席スタンプを貰ってホール内に足を運び、着席するかしないかぐらいにステージ上に担任の花月先生が姿を現した───ぎりぎりセーフでした(苦笑)

 

 

 ところが、JR線に於ける波乱は、往路にとどまりませんでした。

 

 この日のレッスン2回目を終えての帰り、往路の時と同じく京阪の天満橋駅・西口から入って改札をくぐり、すぐに入線してきた出町柳行き特急車で京橋に移動、下車後すぐに京橋駅JR改札をくぐって環状線・外回りホームを伝って片町線(学研都市線)四条畷方面ホームに降り立った私でしたが・・・

 

 その四条畷方面ホーム上にいた溢れかえらんほどの大勢の群衆の向こうに停まっているのが見えた207系電車の種別幕表示に、一瞬目が点になりました。

 

 「直通快速」───あの、おおさか東線を通って奈良に向かう快速電車ではないか。

 

 レッスンが終わった後の夜21時前後という時間帯には来るはずのない「直通快速」が、いまそこに・・・

 

 まもなく耳にした駅構内放送で、大阪・新大阪間で人が立ち入った影響によりダイヤが乱れている、という旨のアナウンス《”大阪・新大阪間”の部分はちょっと記憶に自信が無いけれど…》。

 

 停車中の「直通快速」車内に足を踏み入れてからホーム上に備え付けの発車標を見ると、そこには「65分遅れ」との表示が・・・

 

 確かに、学研都市線もまたダイヤが乱れている様子でした。

 

 この日、往路・復路共にJRのダイヤ乱れに遭遇したという点に於いては不運だったのかも知れませんが、復路だけに限っていうならば、ダイヤ乱れのおかげで放出からおおさか東線を経由して大和路線に直通する「直通快速」に乗ることが出来て、ラッキーだったともいえます。

 

 何といったって、「直通快速」に乗れば放出で乗り換える必要がないのだから───幸いにも、私が乗り込んでからまもなくしてドアが閉まり、京橋を発車しました。

 

 尤もおおさか東線内(特に「JR長瀬新加美」間の百済につながる貨物支線が分岐する前後まで)は、本数的に余裕があるはず(1時間あたり4本と若干の貨物列車)なのに何故、と訝しげてしまうほどのノロノロ運転でしたが、それでも放出で乗り換える手間が省けるあたりは、ありがたかったです。

 

 車内も、京橋を発車してから学研都市線との分岐点である放出に着くまでは満員状態でしたが、大幅に遅れているからこの満員状態のままおおさか東線に入るだろう、という私自身の予感に反し、実際に放出に着いてみると大半の乗客が降りてがら空きに───座ることも出来て正直安堵しました。

 

 

 というわけで、波乱含みのレッスン通いとなったレッスン2回目当日。

 

 3回目となる次回レッスン(10月13日)こそは、ゆとりをもってレッスン通いしたいと思っています。

 

 

 次回は後編として、レッスン2回目の模様を中心に記していこうと考えています。

 

 

<(_ _)> 各1ポチしてもらえれば、励みになります <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 鉄道コム(ブログランキング) ←参加中です(鉄道)
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気ブログランキングへ ボーダレス・ミュージック(音楽ブログランキング) ←参加中です(音楽)

« JR四国、高松・坂出両駅に「ICOCA」導入──2012年春、JR西日本の助力得て。入金はクレジットカード決済のみ | トップページ | 都営地下鉄6300形と、類似した加速音発する仲間たちのこと──都営三田線で運用される「もう一つの”悪魔”」? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/52900952

この記事へのトラックバック一覧です: 【第29回「1万人の第九」レッスン;2a】JRダイヤ乱れに遭遇したレッスンへの行き帰り。しかし復路はラッキー!?:

« JR四国、高松・坂出両駅に「ICOCA」導入──2012年春、JR西日本の助力得て。入金はクレジットカード決済のみ | トップページ | 都営地下鉄6300形と、類似した加速音発する仲間たちのこと──都営三田線で運用される「もう一つの”悪魔”」? »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)