フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 折れてもすぐ復元する踏切遮断棒、そして折り返し設備の新設──列車遅延の対策として。朝日放送『キャスト』より | トップページ | 【第29回「1万人の第九」レッスン;2b】快調な授業ペース。置き去りにされかけた集合写真撮影 »

関西圏起点の夜行快速(普通)列車が復活又は新設される時──臨時扱いでも、電車でも《立ち会いたい歴史的瞬間》

 

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】立ち会いたい歴史的瞬間は?参加数

 

 

 久しぶりに『コネタマ』から供給されてきている数々のネタ類から一つ拾ってみました。

 

 今回拾い上げたお題は”立ち会いたい歴史的瞬間は?”───尤も私の場合、自己の趣味の領域に於けることとなってしまいますが。

 

 

 私にとっての”立ち会いたい歴史的瞬間”・・・

 

 それは、実現する確率は極めて低い(ゼロに限りなく近い)かもしれませんが、私の住んでいる関西圏を起点とする夜行快速列車(というか夜行普通列車)が1列車でも復活されるか、または新設されること。

 

 勿論、毎日運転される定期列車である必要はなく、「青春18きっぷ」利用期間内のみ運転であっても全然かまわないのですが・・・

 

 何故、これを歴史的瞬間と考えるかというと、現在関西圏内の駅(大阪・京都など)を起点とする夜行普通列車の類が一つも存在しないためです。

 

 尤も、私自身が鉄道を趣味の一つとしていることも多分にありますが・・・

 

 

 ご存じのように、1987年4月1日、旧「日本国有鉄道」の分割民営化により、7つの「JR」(エリア別に完全分割された旅客会社6社と全国統一で運営される貨物会社)が発足しました。

 

 このJR発足後に、「北斗星」や「トワイライトエクスプレス」といった新しいタイプの夜行寝台列車が誕生する一方で、旧国鉄時代から引き継がれた寝台特急などの夜行列車の類は年を追うごとに徐々に数を減らし、2009年のJRグループ定例ダイヤ改正(同年3月14日施行)で寝台特急「はやぶさ」・「富士」が廃止されたことにより本州と九州を結ぶ寝台特急が全滅してしまったことは記憶に新しいところ。

 

 夜行列車の類といえば、前記の寝台特急と共に、JR発足直後から続々と誕生した夜行快速列車もあります。

 

 JRでは自身の発足直後から、そのころ既に脅威となっていた夜行高速バスに対抗すべく、旧国鉄時代から引き継がれた3本の夜行普通列車〔”大垣夜行”(のちの「ムーンライトながら」)・”新宮夜行”・”上諏訪夜行”〕に加えて、新宿・新潟間、関西・山陰間、北海道の札幌・函館間、そして本州と九州や四国に向けて夜行快速列車を次々設定していきました。

 

 特にこの夜行快速列車に関しては、JR発足当時に於いて既に好評を博していたであろう「青春18きっぷ」でも乗車出来るとあって〔普通車のみ(プラス座席指定券で普通車指定席にも乗車可)〕、「青春18」利用期間内に於いては連日ほぼ満員の盛況ぶりを見せていました。

 

 けれども、その夜行快速列車もまた、使用車両の老朽化や、より格安な高速ツアーバスに圧されるなどして、次々と姿を消し、現在では東京都心(東京・新宿両駅)を起点とする3つの夜行快速、「ムーンライトながら」と「ムーンライトえちご」、「ムーンライト信州」しか運転されていません《旧国鉄時代から引き継がれた3夜行も、「ムーンライトながら」に引き継がれた”大垣夜行”を除き、21世紀に入るまでに消滅》。

 

 しかもこれら現存する3列車も、今となっては全て多客期臨時扱い───「ながら」と「えちご」の2つに関しては、かつては定期列車として運行されていましたが、「青春18きっぷ」シーズン外の、特に平日に於ける乗車率が芳しくなかったことから、前記「富士」・「はやぶさ」が廃止に追い込まれたのと同じ2009年のJRグループ定例ダイヤ改正により、多客期臨時扱いに格下げされてしまいました。

 

 とはいえ、多客期臨時扱いとされても、存続されているだけまだマシなほう、といってしまいそうな私。

 

 というのも、以前には私が在住する関西圏を起点とする夜行快速列車も、本州内の下関と出雲市、九州、四国の4方面に向けて5本の夜行が運転されていましたが・・・

 

【2004年夏】
  『ムーンライト八重垣』(京都・大阪~出雲市)
                       運転終了

【2005年春(6月)】
  『ムーンライト山陽』(京都~下関)運転終了

【2008年冬(2008年→2009年)】
  『ムーンライト九州』(京都・新大阪~博多)
  『ムーンライト高知』(京都~高知)
  『ムーンライト松山』(京都~松山)
               以上3夜行運転終了

 

といったふうに5夜行は次々と姿を消し、しかも5夜行に使用されていた機関車や客車は昨年までのうちに全て廃車処分にされたことから〔『ムーンライト八重垣』使用車両の消息については不明〕、4夜行は全て事実上の”廃止”に追い込まれました。

 

 尤もJR西日本などからの正式な廃止表明は5夜行とも為されていないため、公式には今も「休止」の扱いにされている様子ですが・・・

 

 JR西日本といえば、前記の旧国鉄時代から引き継がれてきた3つの夜行普通列車のうち同社管轄エリアで完結していた”新宮夜行”についても、臨時列車として運転(延長運転)された時期も含めて、2000年9月30日限りで公式に廃止されています。

 

 つまり関西圏を起点とする夜行快速列車は、2009年初めまでに全滅してしまっているわけです。

 

 それにしても、”新宮夜行”を入れた関西圏内始発6夜行の中で、特に東海道・山陽本線をひたすら走り抜けていた『ムーンライト九州』や『ムーンライト山陽』に関しては、私も幾度かお世話になった記憶があり、またネット上にて関連する様々な話を見聞きしてきていますが、運転休止となる直前まで、ほぼ満員続きだった様子でした。

 

 それだけに、この東海道・山陽本線という東京・名古屋・大阪から九州に至るメインラインを駆け抜けてきた2つの夜行までも事実上の”廃止”に追い込まれたあたりは、使用車両の老朽化という要因を考え合わせたとしても、未だ信じられない気持ちを禁じ得ないでいます。

 

 なお、関西圏・首都圏以外では、北海道内で完結していた夜行快速「ミッドナイト」──私自身も幾度かお世話になりました──についても、2001年の季節列車への格下げを経て、2002年12月1日の東北新幹線・八戸延伸に伴う東日本地域に於けるダイヤ改正で廃止されました《この改正では青森と函館を結ぶ快速「海峡」も廃止され、特急「白鳥」・「スーパー白鳥」に取って代わられている》。

 

 

 ここまでJR発足から今日に至るまでの夜行列車、とりわけ「青春18きっぷ」でも利用可能な夜行快速列車の推移について記してきました。

 

 夜行列車の運転には、いうまでもなく、深夜帯に於ける関係各所への人員配置などを要するため、人件費の観点などから、JR側に於いて難色を示す向きもあるでしょう。

 

 けれども、人々の寝静まる深夜のうちに移動し早朝に目的地に降り立つことの出来る夜行列車は、汽車旅を考える上で欠かすことの出来ないものの一つのように思えてなりません。

 

 勿論、このメリットは夜行高速バス(高速路線バス及び高速ツアーバス)であっても享受出来るものでありますが、夜行列車は、バス車両と比べて空間が広めにとられていること、走行中に於ける席を立っての移動も自由であること、道路渋滞に左右されないこと───などの点に於いて優勢であるといえます。

 

 かつて存在した関西圏を起点とする夜行快速列車は、使用車両に於いてトイレと共に洗面所も備えていて、目的地に到着するまでの間に顔を洗ったり歯を磨いたりすることも可能でした。

 

 また夜行高速バスの場合、目的地に到着したあと更にバスなどを利用して別の場所へと移動しようとするならば、一部例外を除き、また一から乗車券を買い直す必要があります。

 

 これに対し、旧国鉄時代からの全国鉄道網を引き継いでいるJRで運転される夜行列車の場合、一部の例外を除いて、追加の負担無しに夜行列車から降りて更に別の列車に乗り継ぐことは可能です《乗車券類の購入方にもよるが…》。

 

 

 夜行高速バスの類の盛況ぶりをみるにつけ、公共交通機関全体としての夜行需要は確実に存在するわけであり、これまでに挙げてきたような鉄道が高速バスと比べて優勢であるポイントを最大限に活用することで、夜行列車の活路は見出せないことはないように思えます。

 

 関西圏に於ける現状をいうならば、同圏を起点とする夜行普通列車が2009年以降事実上全滅状態にある一方、夜行高速バスについては、一時期「高速道路通行料金上限千円」施策の影響で苦境に立たされたこともあったものの、今も健在です《尤も路線統廃合などの変遷は見られますが…》。

 

 そんな夜行高速バスに対抗出来る夜行普通───というか夜行快速列車を、関西圏に於いて再び!

 

 勿論、初めにも記していますように”「青春18きっぷ」利用期間内限定”臨時列車(多客期臨時扱い)の形であってもかまいませんし、使用車両についても、波動輸送用(予備)にとっておいているであろう電車車両でもかまいません《というか今となっては電車車両しか充てるものが無いような気がするけど…》。

 

 尤も使用車両に関しては、出来ればトイレと洗面台の設備が個別に整えられた特急形電車を充てるのが望ましいところですし、それを望むところなのですが・・・

 

 そして、全車指定席とすることで、少しでも多く収入をもたらすことが出来るでしょう。

 

 深夜帯に於ける人員配置の問題など乗り越えるべき壁は少なくないのかも知れませんが、汽車旅の一層の振興のため、今も存続する東京都心を起点とする夜行快速と共に、関西圏を起点とする夜行快速を再び走らせてほしい───改めてそう願っています。

 

 そして将来、実現するということになれば、私も、自身の時間と経済力が許す範囲内に於いて、何らかの形で立ち会いたいと思います。

 

 

 長々とした文章となってしまいましたが、以上で『コネタマ』で拾い上げた一ネタに対する”回答”といたします。

 

 たとえ実現の可能性がゼロに近いものであっても、自分自身の意見・要望として声を上げたい気持ちから、今回、たまたま目にした『コネタマ』からの供給ネタを使って記事を起こした次第です。

 

 

<(_ _)> 各1ポチしてもらえれば、励みになります <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 鉄道コム(ブログランキング) ←参加中です

« 折れてもすぐ復元する踏切遮断棒、そして折り返し設備の新設──列車遅延の対策として。朝日放送『キャスト』より | トップページ | 【第29回「1万人の第九」レッスン;2b】快調な授業ペース。置き去りにされかけた集合写真撮影 »

コメント

 そうですね。東海民の私は、「ながら」の恩恵を受けてはいますが、山陽方面のMLは、1本でもよいので欲しいですね。また、シュプール仕様の14系の居住性の高さ!! 今でもそのクオリティを思い出します。夜行列車の問題点は、たくさん言われますが、付け加えるなら、深夜時間帯の駅構内などの治安が悪化している情勢とか、事故の遅延を、他地方に持ち込んでしまうことなど、いろいろあるみたいです。もっとも。私は新幹線夜行の支持者でもあるので、もっと遠大ではあるのですが。

夜行列車はいいですねえ。
何しろ眠っている深夜を利用して移動できてしまうのですから。
でもJR各社は新幹線と大都市周辺だけを強化しているような気がします。
夜行列車の話からはそれますが
民営化後新幹線網の整備に伴って並行在来線をJRから第三セクターに移管させたのはその表れと思います。
深夜に移動するという点では夜行バスも同じですが
鉄道の方が安全だということは言うまでもありません。

私も一昔前に18きっぷを使って貧乏旅行したことがありました。

関西発着の夜行は重宝しました。18シーズンだけに結構利用客も多く盛況だったのを今でも覚えています。

今は見る影も無し。
他の方がご指摘の通り夜行列車を走らすと、駅員等の配置とかでコストがかかるとか、新幹線と大都市圏の輸送に特化してしまった。なのでゆっくりエコノミーに旅したい人には却って不便な時代になってしまいました。

自分自身もさすがに現在の鉄道事情では普通列車と快速列車だけで遠出しないし出来ないですね。

確かに、新幹線とか特急列車はスピードがあり移動が楽になりました。
高価な旅になるけど。

低料金で夜行で移動できる事も鉄道の魅力だったと思います。関西発着夜行列車再開を願います。せめて米原まででも“ながら”の乗り入れを是非!

 中山道本線さん、こんばんは。
 すごい亀レスとなってしまい、申し訳ないです。


 14系「シュプール仕様」客車───私も「ムーンライト九州」とかで幾度かお世話になりましたが、仰るとおり、普通列車として運用される分には申し分ない居住性だったように思います《経年劣化は別にして…》。
 ただ、今となっては既に廃車処分されてしまっているのがとても残念なところです。

 電車車両であってもよいので、一定の需要の見込める山陽・九州方面夜行快速(「ムーンライト九州」・「ムーンライト山陽」)だけでも再び運転されるようになってほしいです《勿論「青春18きっぷ」利用シーズン限定でもいいですから…》。


 新幹線夜行───アイディアとしてはわかるのですが、深夜帯に於ける集中的な保守作業があって初めて新幹線の安全運行が保たれているという事実から考えると、旧国鉄時代と比べて格段にスピードアップしてきている昨今にあっては、正直ちょっと難しいような気がします。

 えびちゃんさん、こんにちは。
 大いなる亀レスとなってしまい、申し訳ないです。


>JR各社は新幹線と大都市周辺だけを強化しているような気がします。夜行列車の話からはそれますが民営化後新幹線網の整備に伴って並行在来線をJRから第三セクターに移管させたのはその表れと思います。

 整備新幹線に於ける「並行在来線のJRからの経営切り離し」は元々国政レヴェルでの話し合い(政府・与党間申し合わせ)から出てきたことのはず───ただ、九州新幹線・鹿児島ルート「博多~新八代」間の例外的事例もありますから、えびちゃんさんの仰っていることもわかるような気がします。


 それにしても夜行列車───確かにリーズナブルな点では夜行高速バスに敵わないところがあるかも知れませんが、定時性の高さ(道路渋滞に左右されない)や車内空間の快適さ(広さとか)あたりは鉄軌道上を走る夜行列車に軍配が上がるはず。

 新幹線もいいけれど、夜行列車もまた良い方向で見直されてほしい───私の願いです。

関西圏起点で夜行を考えると
大阪、東京対九州の夜を挟んだ最速移動には需要があるかも。のぞみ最終姫路行き
が25時着、そこから6時新山口発の鹿児島中央行き始発(延長してもらう)に間に合う
山陽夜行急行を作ればJR東海新幹線沿線対九州新幹線沿線の需要があるかも。
夜行は5時間以内の運行のため寝台車は不要、むしろ足の速い電車がよい。
しかし、アーバンは走らないので最高速度110km/hの車両でOK。
姫路-新山口ノンストップにすれば駅の客扱いに変更は無いからコストは増えない。
18切符客は対象外とするため急行とする。
車両は需要が判明するまで古い特急4両編成2本で十分。姫路への送り込み・
引き上げは岡山までの普通に利用できるし、電車なら使い道はある。
新山口は留置線が多いので昼寝には困らない。

最小限のコストで復活できる夜行はこのような感じだと思うけど、如何せん夢がないな。

 Bさん、こんばんは。
 具体的且つ面白い話をありがとうございます。

 どういう形であれ、夜行高速バスに対抗出来る夜行列車が誕生してくれることを願うばかりです。
 たとえ、電車列車という形であっても・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/52941554

この記事へのトラックバック一覧です: 関西圏起点の夜行快速(普通)列車が復活又は新設される時──臨時扱いでも、電車でも《立ち会いたい歴史的瞬間》:

« 折れてもすぐ復元する踏切遮断棒、そして折り返し設備の新設──列車遅延の対策として。朝日放送『キャスト』より | トップページ | 【第29回「1万人の第九」レッスン;2b】快調な授業ペース。置き去りにされかけた集合写真撮影 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)