フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 地下鉄谷町線「3099F編成」、運用離脱そして廃車・解体へ──大阪市営地下鉄30系。2014年春頃までに全車引退 | トップページ | 『N響アワー』今年度にて放送終了──放送期間約32年。新年度から『ららら♪クラシック』《『オーケストラの森』は?》 »

JR線直通特急「あさぎり」、小田急60000系「MSE」に間もなく引継──JRダイヤ改正。ヴェール剥がされる時近づく

 ここしばらくパソコンに係りきりになってしまい、このブログを留守にしてしまっていました。

 

 パソコンに係りきりとでもいうか、もう少し具体的に言うならば、昨年暮れに購入した中古パソコン本体(元・法人向けPC本体)にパーツを組み入れるなどの改造に係りきりになっていました。

 

 尤も、こうなってしまったのも私自身の要領の悪さが起因しているのですが・・・

 

 何はともあれ、ゴメンナサイです。

 

 

 ところで、昨年(2011年)暮れ、当ブログでも今春施行されるJRグループ定例ダイヤ改正に関することを一度だけ記しました。

 

 それは、同改正の施行により、大阪を起点とする2本の夜行列車が毎日運転される定期列車としては廃止されるということ───このことに対しては、私自身も正直気落ちしていました。

 

 その一方で、今春施行されるJRダイヤ改正の内容には、私自身も思わず「ついにきたか」と身を乗り出しそうになるものも含まれていました。

 

 それは、小田急・JR直通特急「あさぎり」の運転区間及び運用車両の変更についてです。

 

 何を今更、という声が聞こえそうなところですが───そのことを承知の上で、本題に入ります。

 

 

 特急「あさぎり」の運転区間については、現行ダイヤでは小田急新宿から松田(新松田)そして御殿場線を経由して東海道本線との合流点である沼津まで運転されています。

 

 それが、今春施行されるJRダイヤ改正により、御殿場までに短縮されます《尤もJRダイヤ改正に呼応するかのように小田急線内でも同日付でダイヤ改正が実施されますが…》。

 

 言ってみれば、1955年の「あさぎり」誕生当時に於ける運転区間(というか1991年JRダイヤ改正以前に於ける「あさぎり」運転区間)に戻る格好となるわけですね。

 

 ただ、これに関しては、以前から、特にJR線区間に於ける乗車率が芳しくないとの声がネット上でも聞こえてきていただけに、ある意味想定内であるように思えました。

 

 それよりも、私自身思わず目を見開かせるもとになったのは、ダイヤ改正後に於ける「あさぎり」の運用車両。

 

 

 現行ダイヤの下では、小田急20000形特急形電車「RSE」とJR東海が保有する371系特急形電車の2車種が相互に「あさぎり」運用に入る形が採られています。

 

 しかし、2車種ともデビューから20年経過し、老朽化も目立ってきている、などとして、今春施行されるJRダイヤ改正を前に「あさぎり」運用から退かせることを決定。

 

 このうち小田急「RSE」車両に関しては、小田急の他の2形式(10000形「HiSE」・5000形一般車)と共に、ダイヤ改正を前に車両としても運用離脱することが決まり、名実共に姿を消すことになっています。

 

 また、JR東海の371系電車に関しては、昨年2月に受けた全般検査に於いてATS-PTが追設されたことから車両としての引退は当面免れたとみられてきた一方で、「あさぎり」運用引退後の去就も注目されていましたが、一部の地元メディアによる報道によれば、団体列車向けに改装を行い、今秋を目処に再度運用(波動運用か?)に就かせることになっています。

 

 私自身、生憎371系については一度も乗車経験がありませんが〔『YouTube』などを通じてのヴァーチャルな体験で我慢し続けている??〕、小田急RSE車については、この記事を書いている過程で、一度だけデビュー前後に鉄道友の会が開いた試乗会に於いて体験試乗したことを思い出しました。

 

 

 これら今春のダイヤ改正により退く2車種に代わって「あさぎり」運用に就くことになるのは、2008年のJRグループ定例ダイヤ改正及び小田急線内ダイヤ改正(何れも同年3月15日施行)に合わせてデビューした60000形特急形電車「MSE」。

 

 この新型ロマンスカー車両に関しては、小田急ロマンスカーとしては史上初めて地下鉄(東京メトロ千代田線)との直通乗り入れを実現させた存在ということもあって、デビュー前からテレビなどでも取り上げられるなど話題をさらい、デビュー翌年(2009年)には鉄道友の会から「ブルーリボン賞」が贈られるなど、圧倒的な存在感を示してきています。

 

 私も、デビュー前年に放映された『タモリ倶楽部』(祝地下鉄開通80周年・メトロに乗って綾瀬検車区に行こう!;関西地区に於ける放映時期は生憎失念…)や、鉄道ファンからの写真なども交えた現地報告などを通じて、このブルー基調の「MSE」の存在を印象として焼き付けられるに至りました。

 

 それだけに、今度のダイヤ改正でMSEが「あさぎり」運用に就くとの報せには、特別な想いを抱いたものでした《後記する”隠された装備”のことも影響しているかも…》。

 

 

 その「MSE」こと60000系ロマンスカー車両───正式デビュー直前にお披露目された時点では、東京メトロ千代田線直通乗り入れに備えてATCも装備されていることなどが紹介されましたが、一部の鉄道ファンにより、JR御殿場線への直通乗り入れに必要な装置も既に取り付けられていることもネット上にて紹介されていました。

 

 JR御殿場線への直通乗り入れに必要な装置───急勾配区間を抱える御殿場線に於ける運用には欠かせない発電ブレーキ用抵抗器と、JR東海管内に於ける新型ATSたる「ATS-PT」車上装置です。

 

 これらの装置は、デビュー当時に於いては公式レヴェルで触れられることはありませんでしたが、車両製造元からの甲種輸送の途上などに於いて一部の鉄道ファンの手によりスクープされた「MSE」の足回りを目の当たりにするなどしているうち、私の知るところとなりました。

 

 デビュー当時に於いて、公式レヴェルでは「御殿場線への乗り入れを想定していない」とされていたものの、私自身、初めから御殿場線への乗り入れも想定していたのでは、と密かに思ったりしていたものでした。

 

 今回発表された「あさぎり」運用へのMSE車充当は、MSE車への抵抗器並びに「ATS-PT」車上装置の装備という事実を、デビューから約4年越しで、公式レヴェルでも事実上認めた格好になるとも言えるでしょう。

 

 まさしく「MSE」の本領、ようやくここに発揮ということになるわけですね。

 

 

 鉄道友の会から「ブルーリボン賞」が贈られるなど注目される一方で、座席が固くて乗り心地が悪いとの悪評も聞かれる小田急60000系「MSE」。

 

 既に御殿場線内に於ける試運転が繰り返し実施されているほか、試運転開始直前の去る1月13日から14日にかけては、6両編成1本が日本車輌に於いて追加で新造され甲種輸送されてきているとの報せも入ってきています。

 

 淡いブルーを基調とするMSE車の、JR線内に於ける営業運転デビューは、間もなくです。

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
小田急「MSE」が甲種輸送される
【JR貨+小田急】ロマンスカー・MSE(60000形)甲種輸送
[小田急トピックスレポート]新型ロマンスカー60000形(MSE)お披露目会 車体詳細写真
ATS-PTを搭載した371系

 

 

<(_ _)> 各1ポチしてもらえれば、励みになります <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 鉄道ブログへ 人気ブログランキング「くつろぐ」 鉄道コム(ブログランキング) ←参加中です

« 地下鉄谷町線「3099F編成」、運用離脱そして廃車・解体へ──大阪市営地下鉄30系。2014年春頃までに全車引退 | トップページ | 『N響アワー』今年度にて放送終了──放送期間約32年。新年度から『ららら♪クラシック』《『オーケストラの森』は?》 »

コメント

特急「あさぎり」は結局元に戻ることになったのですね。
沼津まで延伸された1991年はちょうどバブルの末期で
なかなか予約がとれないと鉄道雑誌で読んだことがあります。
それから21年
日本は出口の見えない不況に突入し
「あさぎり」は値段の安い高速バスに押されるようになりました。
こうしてみると小田急20000形とJR371系は日本の景気に振り回された感じがしますね。

 えびちゃんさん、こんばんは。
 こちらからのレスが遅れてしまい、申し訳ないです《毎度…》。

 う~ん、鋭いですね。
 仰るとおり、今日に至るまで「あさぎり」は日本の景気に翻弄されながら運転されてきたのかもしれないですね。

 今度の改正で1991年ダイヤ改正前の姿に戻ると同時に〔尤も列車種別まで戻される(特急→急行;JR線内のみ)ことはありませんが…〕充当車両も60000形「MSE」に全面置き換えとなりますが、当該車両に関しては、車両自体の性能面で評価する人を見受ける一方で、あまりの座席の硬さに辟易する人も現れてきているだけに、ダイヤ改正後、「あさぎり」に対する更なるイメージダウンにつながりはしないか、ちょっと心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/53791165

この記事へのトラックバック一覧です: JR線直通特急「あさぎり」、小田急60000系「MSE」に間もなく引継──JRダイヤ改正。ヴェール剥がされる時近づく:

» 小田急線 10000形 ロマンスカーHiSE [ぱふぅ家のホームページ]
小田急線10000形ロマンスカーHiSEは、小田急開業60周年を記念して1987年にデビューしたハイデッカー車両で、鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞している。 [続きを読む]

« 地下鉄谷町線「3099F編成」、運用離脱そして廃車・解体へ──大阪市営地下鉄30系。2014年春頃までに全車引退 | トップページ | 『N響アワー』今年度にて放送終了──放送期間約32年。新年度から『ららら♪クラシック』《『オーケストラの森』は?》 »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)