フォト

ご来訪の皆様へ…

  •  コメント、トラックバック大歓迎です!
     ご来訪の記念に是非どうぞ(ご意見、苦情等もどうぞ遠慮無くお寄せ下さい)!

     但し、当ブログの内容・趣旨に合わない(例えばアダルト系、出会い系)コメント及びトラックバック、或いは当ブログと内容・趣旨の合うものであってもこちらへのリンクの無いトラックバックにつきましては、当方の判断により、予告なしに削除する場合がありますので、予めご了承下さい。

     また放送番組等のダビング依頼についても、著作権の問題等により、基本的にお受けしておりませんので、併せてご承知置き下さい。

     当ブログサイトに掲載の各記事については、可能な限り、正確を期しておりますが、当ブログサイトに掲載の内容を利用して行う一切の行為について、当サイト管理人は何ら責任を負うものでは無いことを予めご承知おき下さい。

携帯電話から当ブログにご訪問される方々へ
《ご注意》

  •  当ブログではパソコン(PC)からの閲覧を前提として運営しています。
     そのため、携帯からアクセスされた場合、記事によっては本文内容の一部についてお見苦しい表示方となってしまったり、また各種動画共有サイトから引っ張ってきている動画の類など一部表示されないコンテンツ類もあります。

     

     以上の制約事項につきご承知頂ける方のみ、以下に表示のQRコード等により、ご訪問お待ちしております。

お問い合わせ先

  • piano-train1971◆kdm.jrnet.ne.jp

    《お手数ですが、送信の際には、上記の「◆」を半角の「@」にお書き換えの上、ご送信下さい》

気象情報(天気予報、雨雲レーダーなど)


  •  
    天気予報(全国・大阪府)と気象衛星画像(雲画像)、雨雲レーダー画像を用意しています

最近のコメント

Trackback People

  • ◎ クラシック(全般)
  • ◎ オーケストラ
  • ◎ ピアノ
  • ◎ 鉄道(全般)

新幹線

  • 【山陽新幹線】

    ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

     『JRおでかけネット』(JR西日本)内に特設されている「0系新幹線」特集サイトへと飛びます

     

  • 【九州新幹線】

     2011年春、鹿児島ルート(博多~鹿児島中央間)全線開業予定

無料ブログはココログ

« 「名阪ノンストップ特急」消滅へ──近鉄・名阪甲特急、3月20日ダイヤ変更施行で。現在”アーバンライナー”車で運転 | トップページ | 「第九ひろしま2012」早くも開催告知──12月9日、第28回、8年ぶりの第2日曜日開催。広島出身の大植が初のタクト »

『サンデークラシックワイド』、『FMシンフォニーコンサート』等放送終了…NHK-FM番組改編。'日曜はクラシック'の終焉

 過日、向こう1週間にわたるNHK-FM放送予定をチェックしているうち、来年度(2012年度)に向けて実施される番組改編の詳細を知るところとなりました。

 

 NHKからの公式発表のほか、「2ちゃんねる」筋からも情報が入ってきています。

 

 

 情報に一通り接する限り、どうやら週末(土・日)を中心に抜本的に改編されている様子なのですが、一通り眺めているうち、正直ちょっと悲しい気分になります。

 

 

 今年度限りで終了となる番組の中で、一番印象的だったのが、現在日曜昼の「14:00~18:00」に放送されてきている『サンデークラシックワイド』。

 

 月の初回放送では主に海外のオーケストラ公演を扱い、2週目と3週目あたりは海外のオペラ公演を中心に構成、そして月ごとの放送最終回では「特選アラカルト」と銘打ち、リスナーから寄せられたリクエストを基に番組構成(クラシックリクエスト)させる等してきています。

 

 新年度に於いては、当該番組自体の終了と共に時間数にして「2:1:1」の3つに分割され、初めの2時間(14:00~16:00)はパーソナリティのトークを交えてのクラシック音楽系統の番組が入り、後の2時間はポピュラー音楽系統の番組が1時間ずつ2本入る形となります。

 

 尤も「2ちゃんねる」筋から聞こえてくるところによれば、『サンデークラシックワイド』が確保していた4時間枠自体は消滅されずに毎週金曜日の午後へと移動〔時間帯変わらず〕、新たに『オペラ・ファンタスティカ』という番組タイトルにてスタートさせるのだそうですが、この新番組について、あるブログサイトによると、NHK側の説明として「オペラの歌曲をノーカットでたっぷりと聞かせる」としている、と述べている一方、そのブログサイトを通じて取り寄せることが出来た『平成24年度国内放送番組編成計画』と銘打つ文書には、当該新番組について「新鮮な海外音源を中心に、第一級のオペラ公演を、丁寧な解説と共にノーカットでたっぷりとお届けする」と説明しているのが見えました。

 

 この新番組『オペラ・ファンタスティカ』には、奥田佳道、堀内修、吉村渓の音楽評論家3名がパーソナリティ役として就くことになっているそうな───奥田と堀内の名前については今回久しぶりに目の当たりにするところであり、特に堀内に関しては過去にNHKのラジオ番組『ラジオカルチャーセンター』でオペラに関する話題を扱った際に講師として出演するなどオペラに関してとみに明るく、また奥田に関しても音楽評論家としてNHK-FMのクラシック音楽関連番組に数多く出演したりする等、パーソナリティー陣の顔ぶれとしては豪華であり、それだけに番組自体も手堅いものになりそう。

 

 唯一、吉村に関してのみ今回その名を初めて目の当たりにし、素性について正直私の全く知るところとなっていませんが〔恥ずかしながら…〕、幸いネット上には彼が四国新聞向けに著した評論文が幾つか上がってきているのが見えますので、また機会をつくって一読するつもりでいます。

 

 また『サンデークラシックワイド』無き後、新年度の日曜午後の前半2時間の枠に入るクラシック音楽系統の新番組『きらクラ!』について、前出の『平成24年度国内放送番組編成計画』に於ける番組紹介によると「パーソナリティーの軽妙なトークと仕掛け満載のコーナー、そしてリスナーからのお便りで気軽にクラシックを楽しむ、クラシック・ビギナー大歓迎の番組」となっています。

 

 そしてこの『きらクラ!』は放送翌日つまり毎週月曜日の朝「07:20~09:20」に再放送枠を設定───日曜日午後にまとまった時間放送されるクラシック音楽系統番組が別の曜日内に再放送枠を設定するケースは、私の知る限りでは、これが初めてではないかと・・・

 

 ここまでの記述から、ふと現在平日の月曜から木曜の昼間時間帯に放送され放送翌日の早朝に再放送されている『クラシックカフェ』を連想させてくれるところがあります───『クラシックカフェ』もまた作品一つ一つをパーソナリティの解説付きで紹介しているみたいですから。

 

 以上から考えますと、新年度以降の金曜日午後放送枠も含めて、日曜日午後の放送時間帯から海外オーケストラ公演が丸ごと取り扱われる機会は事実上失われることになりそうです。

 

 余談になりますが───オペラ専門の番組といえば、かつて同じく毎週日曜日の午後に放送されていた『オペラアワー』と題された番組が存在しますが〔喜歌劇『こうもり』序曲の初めの部分の音楽をオープニングとしていたのを今でも記憶〕、当時この『オペラアワー』が放送されていた枠に関して、月1~2回程度は海外のオーケストラ公演などを紹介する別タイトルのクラシック音楽系統番組が組まれていたように何となくながら記憶しています《記憶違いならばスミマセン》。

 

 それだけに、正直ちょっと残念な気分です。

 

 

 それと、同じく毎週日曜日の夜「19:20~21:00」に放送されている『FMシンフォニー・コンサート』も今年度限りで終焉を迎えます。

 

 1985年に放送開始して以来、途中2年の中断を挟みながらも通算で24年間、東京フィルを初め関西圏の大阪フィル等や中京圏の名古屋フィル等が開く演奏会を紹介したり、時には番組独自の企画による公開録画を行うなどしてきました。

 

 私自身も、この番組を自宅のラジカセを使ってよくエアチェックしてきたものです《たまにポカッと忘れてしまうこともありましたが…》。

 

 新年度に於いて、当該時間枠には2本のクラシック系統音楽新番組が、時間数にして「3:2」の割合で、入ることになっています。

 

 具体的には、前半の1時間(19:20~20:20)にはオーケストラ演奏を扱う『ブラボー!オーケストラ』が、後半の40分(20:20~21:00)にはリサイタルを主とする『リサイタル・ノヴァ』が、それぞれ組まれることになっています《後者『リサイタル・ノヴァ』のみ再放送枠設定有り(→毎週金曜日朝「09:20~10:00」)》。

 

 つまり、演奏形態別に枠が分割される格好になるわけですね。

 

 このうちオーケストラ演奏を扱うことになるであろう『ブラボー!オーケストラ』について、前出の『平成24年度国内放送番組編成計画』では「在京の実力派オーケストラを初め、全国各地のご当地オーケストラの良質な演奏も紹介。選りすぐりのナヴィゲーターによるわかりやすく且つ深い解説で、オーケストラの世界に誘う」と説明。

 

 変な話、現在の『FMシンフォニー・コンサート』を1時間に圧縮した上で看板を掛け替え、紹介対象を従前からの東京・大阪・名古屋それぞれを本拠とするプロオケに加えて他地域で活動するプロオケにも広げる、ということなのだろうか・・・

 

 また別の見方として、Eテレで毎週日曜日の夜に放映されてきている『N響アワー』(今年度限りで終了)を他のオーケストラにも対象を広げ、且つ内容的にも少し噛み砕く形にしたような感じに───ということも考えられるかな。

 

 なお、新番組『ブラボー!オーケストラ』のパーソナリティについては、現在『FMシンフォニー・コンサート』でパーソナリティを務めている吉松隆(作曲家)、伊東信宏(音楽学者)、外山雄三(指揮者)の3名がそのまま入ることになっています。

 

 どのような番組作りが展開されるのか、気になるところではありますね。

 

 

 ところで、この記事を書いている過程で思い出したことなのですが・・・

 

 現在毎週日曜日の夜間に放送されている『FMシンフォニー・コンサート』自体は、先にも記していますように、元々1985年4月に放送開始しているものでありますが、開始当初は日曜日の昼下がりに放送されていた1時間番組だったように覚えています〔当時の放送時間は「14:00~15:00」だったような…〕。

 

 その放送開始当初からのパーソナリティとして、今は亡き指揮者兼作曲家であり「サントリー1万人の第九」初代公演指揮者でもある山本直純らがその任にあたっていました。

 

 ことに山本がパーソナリティを務めた回に於いては、彼は主に首都圏に於ける東京フィルの公演(番組独自の公開録画分を含む)を受け持っていましたが、番組のオープニングに於いて自身の番組タイトルを叫ぶ声を入れたり、楽曲解説では側に用意されたピアノを使ってメロディ部分を弾いてみせつつ作品解説をしてみたりするなど、音楽の裾野を広げるべく日々腐心し続けてきた彼自身の個性がよく滲み出たものとなっていました。

 

 今でも、この記事を書きながら、山本による番組タイトルのコールが頭の中で響き渡っているような気がします。

 

 もう一つ───昼の1時間番組としての『FMシンフォニー・コンサート』が放送されていた頃、同じ日曜日の夜間時間帯には指揮者・大友直人ともう一人(女性パーソナリティでした;「大宮絵理子」だったような…)がパーソナリティを務める『クラシック・リクエスト』が放送されていたことも記憶。

 

 この『クラシック・リクエスト』では、勿論演奏ジャンルにかかわらずリスナーからのリクエストで構成されていたように思うのですが、具体的な形式として、女性パーソナリティがハガキ読み上げと演奏曲等コールを受け持ち、大友が演奏曲についての解説を受け持っていたような気がする・・・

 

 初期の『FMシンフォニーコンサート』、そして『クラシック・リクエスト』───考えてみると、内容面でどことなく新年度に始まる新番組『ブラボー!オーケストラ』と『きらクラ!』にそれぞれ似た感じになっていたような気がしないでもないところです。

 

 尤も軽妙さという観点でいうならば、今のほうが進んでいるでしょうけれども・・・

 

 

 なお、今年度限りで終了となる番組としては、他に毎週土曜日の夜間に放送されてきている『名曲リサイタル』もあります。

 

 生憎私自身は当該番組をあまり耳にはしませんでしたが、新進気鋭の演奏家を順次紹介し披露させるなど、それなりに意義のあった番組であるように思います。

 

 番組タイトルから、ひょっとすると当該番組、昔NHK-FMで毎週土曜日午前に放送されていた『土曜リサイタル』の流れを汲んでいるのでは・・・

 

 それはさておき、昔の『土曜リサイタル』、そして現在の『名曲リサイタル』に時折接する際には、頭の中で、こじんまりとしたリサイタル向けのコンサートホール内に自ら身を置いている状況を想像したりもしていたものであり、それなりに愉しんでいたものです。

 

 この『名曲リサイタル』が使用している放送枠には、新年度に於いて、現在日曜日の朝に放送されている『吹奏楽のひびき』と同じく日曜日の夜に放送されている『ビバ!合唱』の2番組それぞれの再放送枠が入ることになっています。

 

 そして、現行の『名曲リサイタル』で進行役の一人として出演しているピアニスト兼作曲家の加羽沢美濃は、新年度に於いて、Eテレで『N響アワー』の後継番組としてスタートする『ららら♪クラシック』の進行役にまわることになっています。

 

 

 日曜のNHK-FMは”クラシックの日”と思い込んでいた節すらある私自身。

 

 それがぶち壊されることとなる新年度の番組改編を前に、頭の中はプチ・パニック状態です。

 

 う~ん・・・・・・

 

 

◎ 参照記事(本文中紹介分を除く)
NHKクラシック 新年度新番組記者会見
平成24年NHKFM放送番組時刻表
FMも変更

 

 

<(_ _)> 各1ポチずつ、よろしくお願いします <(_ _)>
 ←ソーシャルブックマークです
にほんブログ村 クラシックブログへ 人気ブログランキングへ ボーダレス・ミュージック(音楽ブログランキング) ←参加中です

« 「名阪ノンストップ特急」消滅へ──近鉄・名阪甲特急、3月20日ダイヤ変更施行で。現在”アーバンライナー”車で運転 | トップページ | 「第九ひろしま2012」早くも開催告知──12月9日、第28回、8年ぶりの第2日曜日開催。広島出身の大植が初のタクト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197671/54106766

この記事へのトラックバック一覧です: 『サンデークラシックワイド』、『FMシンフォニーコンサート』等放送終了…NHK-FM番組改編。'日曜はクラシック'の終焉:

« 「名阪ノンストップ特急」消滅へ──近鉄・名阪甲特急、3月20日ダイヤ変更施行で。現在”アーバンライナー”車で運転 | トップページ | 「第九ひろしま2012」早くも開催告知──12月9日、第28回、8年ぶりの第2日曜日開催。広島出身の大植が初のタクト »

ブログランキング

  • にほんブログ村 クラシックブログへ

    人気blogランキングへ(音楽)

    にほんブログ村 鉄道ブログへ

    人気ブログランキング「くつろぐ」(鉄道)

    応援のクリックをよろしくお願いします《最新の情報、ここには無い情報にも出会えますよ!》。

「ブックマーク」
(お気に入り)に追加

一般公募型大規模「第九」イヴェント

ベートーヴェン「第九」ポータル

  • こちらからどうぞ
    《2009.11.02.更新!》

     このブログで紹介してきたベートーヴェン「第九」演奏動画を初め、無料楽譜のこと、ダウンロードした動画などの活用方法を記しています。

演奏動画の更新履歴

視聴覚室
ベートーヴェン「第九」(交響曲第9番ニ短調作品125”合唱”)

音楽関連レポート記事

音楽と鉄道のコラボ(??)記事

私家版
鉄道ファン(マニア)
有名人一覧

お気に入りサイト集
(音楽)

お気に入りサイト集
(鉄道)